『自分の歯』感覚のインプラント

Posted by admin

昔はある程度の年齢になると、歯周病が進行して、どんどん歯が抜けてしまうのが当たり前でした。
そして、それ以降は入れ歯を使用されるかたがほとんどで、実際、入れ歯していないお年寄りを探すのが難しいぐらいでした。
でも、今は歯周病への関心が高まり、口腔内に対する健康意識が向上して、虫歯が無くても、定期的に検診を受けて歯石をクリーニングするというかたも増えてきています。
とはいえ、歯周病にかかってしまった場合でも、入れ歯という選択肢に変わって、インプラントという治療が出来るようになり、今では30歳以上のかたの内、50人に1~2人がインプラント治療を受けられているというデータがあるほど一般的な歯科治療法になりました。
インプラントとは、広義では体内に埋め込まれる器具の総称ですが、今では歯科治療のインプラントの事を指していると言っても過言ではないぐらいに、一般的に浸透してきた治療法です。null
実際の治療法は、あごの骨にチタンあるいはチタン合金製の器具を埋め込み、それを土台として失った歯を修復する治療になります。
見た目的にも、機能的にも入れ歯のような違和感がなく、また周囲の歯を削ったりするなどの処理が必要ない事もメリットの一つです。
インプラントは、従来の入れ歯とは違って、自分の歯と同じ感覚で生活できるのが、最大のメリットです。
しっかりと固定されているので、食べるのはもちろん、会話をするのにも入れ歯のようなガタつきがなく、『さしすせそ』等の舌と歯を使って発音する言葉でも、以前どおりに、差しさわりがなく話せます。
また、入れ歯のように薬剤を使っての洗浄は不要で、従来通りに歯磨きというお手入れの仕方で良いのも利点の一つです。
インプラント器具とあごの骨との癒着を待つ過程など、時間のかかる治療法ではありますが、近年技術も進化していますし、何よりも自分の歯を再び取り戻せる感覚ですので、その時間も手間も、かけても惜しくはない治療法です。
食事も会話も、人生において重要な要素の一つですので、あきらめず、ぜひ専門の歯科にご相談されると良いと思います。